--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-22

利根川流域を訪ねて その1

千葉県成田市郊外

我孫子方面から国道356号線を利根川に沿って駆け抜け、
やがて小御門カンツリークラブへと南下する道沿いに、
それはあった…

オートパーラー シオヤ
130517_1323~001

成田にナイスな自販機コーナーがあるとは聞いてたが
130517_1322~003

何故かこれまで来る事はなかった
130517_1322~002

早速入ってみる
130517_1409~001

地面がひび割れ、傾いている
130517_1341~001
震災の影響か?だが味がある

では、下手端から順に…
130517_1323~002

おっと。
130517_1324~002
いきなりか…

「バカンス気分でのんびり行こーよ」
130517_1325~001
色あせ過ぎ。何売ってたんだ?

両替機
130517_1327~001

その隣も使用中止、しかも…
130517_1327~002

大塚のボンカレーライス!
130517_1330~001
しかも「ボンカレー」はどうにかやっと読める退色ぶり!

ああ、買いたかった…
130517_1329~001

食いたかった…
130517_1330~002

「あったか~いご飯大盛り」
130517_1331~001
もうほとんど読む事も出来ない…

戸棚のような取出し口
130517_1331~002

お金を入れてないが、開いた
130517_1339~001

釣銭返却口が歌っている時のジーン・シモンズの口に見えてくる
130517_1332~001
彼の「狂気の叫び」が聞こえてきそうだ

お隣はハンバーガー
130517_1333~001

平成仕様か?新しい
130517_1333~002

4台目でやっと使用可能って…
130517_1337~001
しかし「パッケージと異なる」のか…

やっと手書きじゃない表示
130517_1335~001
130517_1335~002
130517_1336~001

マックもやった60秒チャレンジ
130517_1334~001
だが超えてもタダにはならない

品質管理は上々のようだ
130517_1338~001

次はコーヒー販売機
130517_1341~002

トロピカルなデザインがまだまだ新しそうだが
130517_1342~001

あにはからんや…
130517_1344~001

硬貨挿入口付近
130517_1345~001

ケイティ・ペリーか!
130517_1345~002

これはもうお馴染み、めん機
130517_1346~001
130517_1346~002

こちらのお店は280円也
130517_1347~001

硬貨挿入口付近
130517_1348~001

このステッカー見なくなったな…
130517_1348~002

「はし…やくみ」純クンのセリフみたい
130517_1350~001

「はし…やくみ」なんかが入ってるわけで…
130517_1353~001

純、オレに、薬味取ってくれよォ
130517_1352~002

カップヌードル販売機なのに…
130517_1354~001

マルちゃん激めん!懐かしい!
130517_1355~001

本家・日清は一時販売…
130517_1356~002

停止。
130517_1356~001

コンビニのない頃は、自販機が販売から給湯までこなしていた
130517_1358~001
130517_1358~002

今は…もう…動かない~…
130517_1359~001
だが養生テープってとこに「はがして使ってみて」って誘惑を感じる

昔は透明なプラスチックフォークで食べるのがおしゃれだったな
130517_1400~001

これは何じゃらホイ?
130517_1402~002

なるほど。
130517_1403~001

廃工場の古いウインチのようだ
130517_1403~002
130517_1404~001

まだ500円玉がなかった頃か…
130517_1405~001

国道沿いのエロ本販売機がこの形式だった
130517_1405~002

赤茶けた硬貨出口
130517_1406~001

押されすぎた「押す」
130517_1407~001

我もまた「押す」
130517_1408~001
130517_1407~002

いま一度カーテンコール
130517_1410~002
130517_1411~001

うーむ、壮観
130517_1410~001
130517_1409~001

自販機サイドから我々側はどう見えているか
130517_1412~002

管理は向かいの塩谷石油さんが
130517_1413~001

木々に紛れてためらいがちな看板
130517_1414~002

裏口はセキュリティもバッチリ
130517_1416~001

アメリカの自販機みたい
130517_1417~001

周辺は木々の間から田園の広がりが伺え、
130517_1419~001

カッコウや蛙の鳴き声が響いていた
130517_1418~002

嗚呼、日本の原風景に溶け込むイカした遠景
130517_1415~001
黄色はオレの一番好きな色…

しかしオレは行かねばならなかった。
深夜の再訪を約束して、旅の続きへ…

(続く)
スポンサーサイト
2013-05-16

新調

メガネが壊れた。

裸眼では何も出来ないので、
一番多い時は予備を入れて4つ持ってたが、
ひとつ壊れ、ふたつ壊れ…
とうとうスペアが無くなった!

しかも最後のひとつも、
何だか最近度が合わなくなってきた感じ…
40代も半ばに差し掛かり、
老眼が発症しててもおかしくない。

「ついにこの時が…」
お安い店を探して、メガネ屋巡りへ…

10年ほど前までは、
1つ2~3万は平気でかかった。

オレの場合、管理が悪いのか荒っぽいのか、
セルフレームをよく壊して苦労したので、
メタルフレームで、
それも形状記憶とかチタンとか、
柔軟な素材を選ぶと、ポン!と値が上がる。

それに何よりレンズが、
度が強いので、標準だとたちまち、
牛乳瓶の底みたいにブ厚くなる。
どうしても薄型や超薄型にせざるを得ない。
そのオプション料金がまた、高かった。

あの頃、2つ作れば出費は5~6万…。
良心的価格の店舗を探す事は、
ナイスなフレームを見つける事と同じく、
欠く事の出来ない要素だ。

しかし、結論から言うと、
いやぁ、すっかり時代は変わりました。

某店で見つけた、ゴムの様にグニャグニャ曲がるフレームが、
何とたったの○千円!

しかもレンズは、
薄さに関してはオプション料金無料だという。

4件目に立ち寄った店だったが、
今まで比較し合っていた3件の店は、
たちまち脳裏から吹き飛んだ。

ここに決定~!
迷わず2つ作っちゃおう!

だって2つでも他店で1つ作るより安い!
ハッハッハ…しばしア然。

幸いレンズの在庫もちゃんとあったので、
1時間ほど待ったら全てが調った。


しかしメガネを新調するたび感じるのが、
生まれ変わったような気分になる事。

新品のレンズは、見える世界が断然明るい。
それにフレームが違うと顔の印象もずいぶん変わる。
中身は何一つ変わってないのに、
新しい人になったような気がする。

今回もまた、かけた瞬間
「おっ、イイねえ…」
思わずほくそ笑んでしまった(笑)。

作った2つは、同じ形の色違い。
裸眼で試着した時の印象より、
よりしっくりと似合っているような気がする。
(完全なる自画自賛!)

今回のショッピング、どうやら大成功!

そしてもうひとつ嬉しかったのは、
今回視力検査をし直してみて、
心配していた老眼は、
全く発症していなかった!

同年代がそろそろあちこちで、
やれ老眼鏡だ遠近両用だと騒いでるなか、
「あなたには必要なし!」とお墨付きをもらった気分は、
ちょっとだけ誇らしくもありますな。

しかしこんなに安いなら、
何種類か作っておいて、
TPOや服装に合わせて掛け換えるってのも、
大いにアリだよなー。

また迷っている。
3つ目を作ろうか…。
(メガネ屋さんのいいカモ)
130518_1540~001

2013-05-14

公演のお知らせ

来る6月、ついに!
我々劇団裏長屋マンションズ
が公演を行います!

題して…
『さよならは言わない』~病室より愛をこめて2~

header44891.jpg

前作「ベッドは何でも知っている」から3年。
今回は現代の病院を舞台に、
「生と死」そして人と人との「縁(えにし)」について、
裏マン真骨頂のファンタジーの世界に描き出しました。
重厚かつ永遠なるテーマを、カラリとした笑いと涙で綴る新作喜劇。

6月18日(火)から23日()まで、全10公演。
会場は各線恵比寿駅歩7分・代官山駅歩4分、
シアター代官山です。
チケットは日時指定・自由席、
前売/3,500円・当日/3,800円となっております。

ご予約は、下記「ご予約専用URL」から…
↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
http://ticket.corich.jp/apply/44891/006/

紫陽花の咲き誇る頃、お目にかかれる事を楽しみにしております。

ご家族・ご友人、皆様お誘い合わせで、是非お越し下さい!
よろしくお願いします!

★ ◎ ★ ◎ ★ ◎ ★ ◎ ★ ◎ ★

劇団裏長屋マンションズ 2013年本公演
『さよならは言わない』~病室より愛をこめて2~
2013.6.18(Tue)→23(Sun) 全10公演

● 出演 ●
赤塚真人 青木英美 水沢有美
安藤裕康 積 圭祐 滝之助 
真延心得 白仁裕介 森田真衣 池田 奏
永見 朱 成田麻美 浜三喜子
伊藤桃子 優木かおる
内藤トモヤ 天野きょうじ 永峰三久 日野水仁
掛川初恵 山下けいこ 福島愛美
森重真之助 木戸あたる サムライ長次郎

● スタッフ ●
原 作:赤塚真人
脚本・演出:塚松文左衛門
監 修:平松豊司
舞台監督:今野忠明
照 明:川村寧麿
音 響:孕石きよ
美 術:今野忠明
スチール:高尾 徹
宣伝美術:白仁裕介

● 会場 ●
シアター代官山(劇団ひまわり併設)
渋谷区恵比寿2-12-12
03-3476-0077
恵比寿駅歩7分・代官山駅歩4分
※ お願い
会館に専用駐車場はありません。
お車でお越しの際は、近隣一般駐車場をご利用下さい。
周辺路上駐車はご遠慮下さい。

● 開演時間 ●
6月
18日(火)19時
19日(水)14時/19時
20日(木)19時
21日(金)14時/19時
22日(土)13時/17時
23日(日)13時/17時
(開場は各回開演30分前)
(受付は各回開演1時間前より)

● 料金 ●
前売 3,500円
当日 3,800円
日時指定・自由席

● チケット予約 ●
ご予約専用ページを設けました。
下記URLへジャンプし、必要事項をご入力いただけば、
ご希望回のご予約が可能です。
ぜひご利用下さい。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
http://ticket.corich.jp/apply/44891/006/

★ ◎ ★ ◎ ★ ◎ ★ ◎ ★ ◎ ★

皆様のご来場を、一同心よりお待ちしております!

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

永峰 三久

Author:永峰 三久

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。