--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-27

「桃」の節句に「桜」餅とはこれ如何に?

もうすぐひな祭り。

ついこの間新年になったと思ったら、
もうあれから丸2ヶ月が過ぎようとしている…。

そして、毎年この時期になると、
「頼むから時が止まって欲しい」と思う。

つまり、このひな祭りまでの時間が、たまらなく愛おしい。

女の子でもないのに何故かって?

さ・く・ら・も・ち

ああ、我が国にこれほど美味しい和菓子があるだろうか?

いや、和菓子と言わず全ての菓子を敵にしても、
その突き抜け感はダントツと言える。

しかし、ここで取り上げる桜餅は「道明寺」である。



東京に来て以来、ずっと不思議に思っていた。

こちらで「桜餅」とだけ言うと、
あの、ピンクのパンケーキのような皮で、
こし餡を巻き寿司のようにクルリと巻いて、
桜の葉っぱをつけた奴が出てくる。

いわゆる「長命寺」と言う奴。

言わせてもらえば、あれは「餅」ではない!

餅というのは、もっとボテーっとして、
ネチャーっとして、
いつまでも口内に残っていたがる泥臭さがあってこその存在。

その点では、なんと言っても「道明寺」だろう。

あの、米の形がまだ少し残ったつぶつぶ感。
桜の葉の所を持たないとネチャーっと指にまとわり付くしつこさ。
桜の葉の塩味と、餅のほのかな甘み、
そして餡のしっかりした小豆味が、
口中で奏でる三位一体のハーモニー…。

嗚呼、日本に生まれてよかった

調べた所だと、関東・東北・東海では昔から「長命寺」が桜餅とされ、
熱弁した「道明寺」は、中部・関西以西と北海道なんだとか。

当然ながら、
「何故西日本から飛び地して北海道が?」との疑問が湧く。

で、どうやら説の一つは、北前船の影響だそうだ。
なるほど、あり得る。

日本海周りで関西と北海道を結ぶ商業路線。
関東を飛び越して伝わった文化も数多くあって当然だ。

あとねえ、これはあくまでオレの私観ですが、
北海道って、ルーツをたどると西日本の人、
意外と多いですよ。
屯田兵で。

有名な所では、奈良の十津川村から入植した方々の町が、
現在の新十津川町になっているとか、
広島県から来た屯田兵の一団が開拓した場所が、
今の北広島市(オレが子供の頃は“広島町”だったが)だとか、

でも、そんな大規模じゃなくても、
いわゆる“新天地”を求めてやってきた我々の先祖は、
日本全土から荒波越えて集まっているので、
実にミクスチャーでバラエティに富んでいて、
もちろん西日本の人はどっさりいます。

ちなみにうちも四国。(らしい)

なのでねえ、例えば西日本から来た屯田兵の人が、
和菓子屋を開いて広まったとか、
探りだすと、いろいろ興味深い事実が掘り起こされそうですなぁ。



しかしまあ、その辺は研究家や教授に任せるとして、
とにかく桜餅。

正統派として桜餅を名乗り玉座に収まるべきは道明寺である。
そして道明寺こそ、和菓子の…いや、この世のスウィーツの最高傑作である

桜の葉の塩味と、餅のほのかな甘み、
そして餡のしっかりした小豆味が、
口中で奏でる、三位一体のめくるめくハーモニー…(語尾にエコー希望)


嗚呼、ひな祭りよ。
今しばらく歩みを止めてくれ…。

和菓子屋のショーケースだけにとどまらず、
スーパーにもコンビニにも華やかに並ぶ桜餅達との蜜月を、
今しばし、楽しませて欲しい。

桜餅から葉っぱをはがして餅だけ食べる人が、
ボカぁ許せないなァ…。

130227_1210~001
スポンサーサイト
2013-02-21

もう少しですかね

今週末、観測史上最大級にも匹敵する寒気が日本襲来とか…
何か「蒙古襲来」みたいな大仰な言い方ですが。


基本、夏より冬好きですが、
唯一イヤなのは、冷え込みのため行動範囲が狭まる事。

特に車で動く時は、凍結や雪を恐れて
北には行かない、
山間地には行かない、
いや、もっと単純に、遠くに行かない、
車に乗らない…。

早く春にならないかな~と思ってしまう。


ふと、ドライブインの聖地(?)(笑)・群馬県が恋しくなる。
上記に則り、冬には行かないのです。

嗚呼、あの自販機が作る安っぽい、
「ザ・ジャンクフード」が食いたい…





過ぎし日の思い出
「一杯のかけそば」ならぬ「一杯のラーメン」編


とある秋の日の真夜中

ところは群馬県太田市
オレンジハット沖之郷店
121106_0155~001

「あぁ寒ぅ…おやじ、ラーメンひとつ!」

と言っても返事はないので、300円投入
121106_0132~001

あと18から今変わって17秒…
121106_0132~002

5、4、3、2…
121106_0133~001

出来たぁ~
121106_0133~002

それにしても、盛りが良過ぎで取り出しにくい
121106_0133~003

ババーン意外と具のサービスがいいじゃないか
121106_0137~001

もちろんコショウも完備。右側です
121106_0130~001

コシのない麺も、自販機が必死で作ったと思うと何だか許せる
121106_0139~001

実はこのチャーシューがビックリするほど美味かった
もっとまずいの使ってるラーメン屋、たくさんあるね





ああ、早く北関東に春が訪れないかなぁ…

2013-02-19

近くに用事があったので…

下町に燦然と屹立するスカイツリー
130126_0756~002
ハレーションが後光の様にも見える



アップだと全形は納まらず
130126_0834~001
それどころか展望台から上はピンボケしてしまう



そう言えば、「ピンボケ」って、いまどきあんまり言わないですね。
死語でしょうか。

あと「マイカーがエンコした」って、言わなくなりましたね。

「エンコ」の語源って何だろう。
エンジン故障…?



さて、角度違いでスカイツリーをもう一枚
130126_0835~001
大きいのはよ~く分かったので、
今度は是非昇りたいが、さていつの事やら。


何故なら、高い所は苦手なのです。
2013-02-09

いい事あるかも

ついに見た

1編成だけしかない、全身緑色の山手線
130207_1718~001

待ってたホームの反対側

しかし速攻でこっちの車両が入って来たので…

残念ながらアップはこんな感じ
130207_1718~003

今度は乗りたい、だが乗ったらいつもの山手線…

何故なら単なるラッピング車両だから
2013-02-06

すっかり無精で

気が付けば、1ヶ月ブログを更新してなかった!

キャ~

そして今日は雪

昨日まであんなにあったかかったのに

イヤ~

しかし、今年は年明けからバタバタ忙しいぞ

金にならない事に忙しい

これからどんどん結果に結びついていって欲しいなァ…

な~んて事を思いつつ

窓の外を眺めてみる…

寅さんの口上の全文掲載された本をついに見つけた

これ普段の稽古に大いによさそう

ワードに移稿して残しておこうっと。
130206_1604~001

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

永峰 三久

Author:永峰 三久

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。