--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-26

花の粉と鼻

俺の鼻が、ついに爆発した。

ここ最近、関東地方はきれいに晴れ上がり、
気温もぐんぐん上昇し、
春のような気候が毎日続いている。
それに気をよくして、
スギ花粉も「我が時を得たり」とガッツポーズを取ってるんだろう。
今までおとなしくこらえていた俺の花粉症が、
ついに昨日、防波堤を決壊して暴れ出した。

汚い話、毎年この季節になると、
俺はいちいちティッシュで鼻をかまず、
ハンカチで鼻を拭く。
というのも、一回一回ティッシュを使っていては、
毎日大量のポケットティッシュを忍ばせていなければならない。
行く先々でごみの処理にも一苦労だ。
だが、昨日は一日が終わってふと気付くと、
持っていたハンカチがビショビショになっていた。
おとといまでは全くその兆候がなく、
「今年は運良く持ち堪えるかも…」と期待していただけに、
がっかりするやら症状が辛いやらで、
何だか憂鬱な一日だった。

健康ってえのは全くありがたい。
別に、何処が痛いわけでも熱があるわけでもないのに、
鼻がグズグズするというだけで、
もやの中にいるようなうっとうしい気分になってしまう。
実際、一日が終わってみると、
いつもより疲れてて、妙に眠い。
体の免疫がフル稼働してるんだろうな。

鼻を拭くたび手が汚れるので、何回手洗いしたかわからない。
だから手肌も荒れてガサガサ。
あか切れして、ハンドクリームが欠かせない。
水仕事をしたおばあちゃんの手みたいだ。

「何もない一日」という物のありがたみを知らされたようだ。

まあ、強いて言えば、
ハンカチを取り替えたり洗ったりする暇もなく、
ビショビショになるまで使うほど忙しかった一日を、
「それだけやれる事があったんだからありがたい」
と納得する事で、今回は良しとするか…。

今年も、スギ様フィーバーでR。
スポンサーサイト
2011-02-24

ニュージーランドの地震

ニュージーランドの南島で起こった大地震、
日本人が二十数名、いまだ所在も安否もわからないという事で、
テレビをつけると連日連夜報道されている。

オレもかつてあちこち海外に出掛けたり、
好きが高じて一時住んでたりしたので、
何だか人事に思えない。
本当に心が痛む。

勉強であれ仕事であれ冒険であれ、
海外へ赴くというのは、ある意味一大決心がいる。
夢や希望に身震いするが、同時に、自分で決めた事とはいえ、
得体の知れない想像のつかない世界に飛び出す不安で、
「この先どうなるんだろうなぁ…」と怖気づく瞬間もある。
しかし、ビビッてばかりでは楽しめないから、
あえて自分の心にハッパをかけて、奮い立たせて、
見知らぬ街に飛び出していく。

地震なんて、何の前触れもなく、予測も出来ないし、
だいいち地球上に100%地震の起こらない場所なんてない。
それがましてや、言葉も不自由な勝手のわからない場所で、
こんな大きな災害に遭ってしまうとは…。
つらいなあ。見ていて毎日つらい。

どうか、一刻も早く助け出されて欲しい。
日本人だけではなく、全ての被災者が。
日本からの救助隊も到着し、活動を開始したそうだ。
日本の災害に対する技術は世界一だという。
どうかその全てが、功を奏して欲しい。
2011-02-23

Carさんの唄

車はあくまでもッ (チャチャッツチャッ)
快適に暮らす道ぉ具ぅ~っと…。

奥田民生の名曲「And I Love Car」に乗せて始まった今回のブログ、
心持ちいつもより気分がハイなのでR。
というのも、昨日は久々に休みが取れたので、
レンタカーでドライブ三昧の時間を楽しんだ。

俺の場合、何処かに行くから車に乗るのではなく、
運転そのものを楽しむ為に車に乗るので、
いつも目的地は無い。
行き当たりばったり、
ハンドルを握るその瞬間に行きたい道を走る。

運転にBGMに美味いメシ屋がセットになれば、
俺のドライブは全てOK。
あとコーヒーと。
シンプル・イズ・ベストだ。

今回は、埼玉県西部の風景を堪能して来た。
浦所バイパスで所沢、狭山から入間、飯能、日高、越生、小川町、寄居、
そこから長瀞へ抜けて秩父まで。
いつ行ってもいいねえ、
向こうは昭和の風景と自然がまだまだ残ってて。
秩父の山並みは雪の綿帽子を被り、
道路の脇にも、日陰は雪が少し残っていた

ならばここは昭和の曲をという事で、
BGMはレッド・ツェッペリン。
秩父山系の厳しい表情と延々続く曲がりくねった道に、
よく合うんだ、ツェッペリンが。
イカ塩辛のカルボナーラみたいなもんか。

経済的理由で今は車を所持してないので、
ドライブ出来る機会がどうしても限られてしまう。
昔のように、思い立った時すぐ!というわけに行かないのが残念。
だが、俺にとって人生における最も楽しい娯楽は、
まぎれもなく車でR。

大きい車でダラダラ走るのも楽しい。
小さい車できびきび走るのも楽しい。
一日も早く、ボロでも何でもいいから再び車を手に入れて、
思い立ったその瞬間に、
車はあくまでもッ (チャチャッツチャッ)
と旅立てるご身分になるんだ。

さあ、明日からも頑張るぞ


2011-02-21

下足番

阪神グループと合併前の、いわゆる阪急東宝グループの創業者、
小林一三(こばやし・いちぞう)って人が遺した言葉が好きで、
自らの戒めの言葉として大事にしている。

「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。
 そうしたら誰も君を下足番のままにはしておかぬ。」

読んで字の如くだね。

現状に文句を言うな。
まずはやってみろ。
精一杯やってたら、必ず見ている人はいる。

とまあ、こんな具合だろう。
何処にでも、これに似た話はあるもんだ。
豊臣秀吉だって、信長の下足番から始めたとか…。

今一度心を引き締めねば。

バック・トゥ・ザ・ベーシック…でR。

2011-02-19

オレは酒が好きだ。

オレの飲み方は、
とにかくダラダラ長飲み。
そして、眠くなったら
「はい、お開き」と退散する。

今までずいぶん酒に救われているような気がする。
「酒は百薬の長」なんて言うが、
オレにとって酒は一番付き合いの長い親友の一人。

酒に感謝する事、この上ない。
しかしこれからもお言葉に甘え、
バンバンお力添え願おう。

"I Love you, さ~け~"でR。


カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

永峰 三久

Author:永峰 三久

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。